三 嶋 哲 也

洋画家
写真を使わないスタイルで古典絵画の失われし技術と美意識を追究しつつ 現代の日本人でしか描けない官能美溢れる絵画を生み出す

About

略歴

1972年 長野県長野市生まれ

1993年 中央美術学園(東京都練馬区)卒業

中美展出品(優秀賞等受賞、〜’98年まで会員)

1994年 この頃から全国各地にて個展多数開催(日本橋三越、名古屋三越、銀座秋華洞、そごう西武高輪会、アートフェア東京、東美アートフェア、他)

Art Taipei(台湾)、Fine Art Asia 2018(香港)など出品多数

2005年 2nd International ARC salon Competition 静物画部門にて日本人初のHonorable Mention賞受賞(2006、2008年も同賞受賞 2012年人物画部門受賞)

2013年 自身の監修による油絵具「VENUS」を春蔵絵具より発表

2018年 オリジナル筆「純印」「三嶋特製平筆」が金盛堂よりリリース

2020年 尻博発起人となり異なるジャンルのアーティストと展覧会を継続中

現在 日本美術家連盟会員 東京都在住

その他 西村京太郎著「華の棺」(2006年)、団鬼六著「幼い熟女」(2011年)表紙絵担当

画集刊行(1999年 2019年)など

今後の予定

2024年1月10日〜24日

福岡三越グループ展

美しき獲物たち「竜と女と獣と・・・」

     

3月6日〜12日、名古屋三越個展

11月6日〜11日、福岡三越個展

Contact

お問い合わせは、
SNSかメールにてお願いします。

Twitter Instagram info@mishimatetsuya.com
expand_less